最新の結婚写真事情

ふたりだけの思い出づくり

式を挙げず「結婚写真」を選ぶ夫婦が増えている理由

式を挙げず「結婚写真」を選ぶ夫婦が増えている理由 最近では、経済的理由やポリシーとして結婚式(挙式・披露宴)を行わず、入籍だけの地味婚を選ぶ人が増えています。
しかし、そんな人生の大切な節目なのに、なにも記念になるものがない、というのは寂しいものです。
そして、ご両親などから「花嫁姿を見たい」と懇願される人も少なからずいらっしゃるようで、結婚写真だけは撮って残すケースは増えています。
食事会などのセレモニーを行うよりは安価で、しかしロケーションや衣装にも凝って楽しむことが出来るということから専門のカメラマン・業者も増えているほどです。
結婚という幸せな瞬間をとらえて残せる、という意味では結婚写真は最高の記念品です。
撮影した写真はデータでも残すことができますし、それらを加工し、結婚したことを伝えるご挨拶の手紙や年賀状などにも応用できます。
親御さんや親戚の皆さまにも素敵なその写真をご披露することで、結婚式・披露宴の代わりの役割も果たせます。
そんな素敵な「結婚写真」を残してみませんか?きっと人生の宝物になることでしょう。

友人に自慢したくなる「結婚写真」を撮影するポイント!

友人に自慢したくなる「結婚写真」を撮影するポイント! 結婚するにあたり挙式・披露宴を行う場合であっても、最近では前撮りなどでじっくりと時間をかけて撮影する結婚写真を好む新郎新婦が増えています。
短時間で、式場の中のスタジオで流れ作業のように数枚を撮影するよりも、衣装の数を増やしたり、屋外などお気に入りや想いでの場所で許可を得て撮影したり、といったケースも増えています。
また、入籍のみで結婚式のセレモニーを行わない場合でも、結婚写真を残して記念にする方もいらっしゃいます。
近年ではそういった希望を叶えてくれるカメラマンや専門のプロデュース業者も増えており、衣装やヘアメイク、シチュエーションなどについて極力ご夫婦の希望汲み取って、映画のポスターのようなドラマチックな写真や印象的な加工を施した美しい作品を残せるようになっています。
お友達に思わず自慢したくなるような一枚を撮りましょう。
時間を経ても色あせないその瞬間はきっと夫婦の心の支えになることでしょう。


Copyright © 最新の結婚写真事情 all rights reserved.